開業記録

開業後2週間が経過 ~当院の特徴をご紹介~

開業して約2週間が経過しました。
おかげさまで大きなトラブルなく診療を開始することができました。
これも支えてくださったスタッフ、家族、そして受診していただいた患者さん皆さまのおかげです。
また、関係各所の皆様に多大なご協力をいただきました。
御礼申し上げます。

複数の患者さんより「近くに皮膚科のクリニックができてうれしい」とお声かけ頂き、喜ばれて何よりだなと実感している日々です。

そして、本当にありがたいことに開院祝いにたくさんの素敵なお花を頂きました。
現在、院内入口に飾っております。
お祝いを頂戴しました皆さま、誠にありがとうございました。

さて、皮膚科の保険診療を開始しております。
さまざまなお悩みがよせられていますが、そのなかでも早速、皮膚腫瘍の切除、光線治療を行いました。
当院の特徴でございますので、ご紹介いたします。

① 皮膚外科

当院は日帰りの皮膚の腫瘍切除を行っています。
院長は、大学病院時代には皮膚の腫瘍切除を専門に行ってきました。
また、地域の中核病院の部長を務めた時期には、後輩に指導を行いながら皮膚腫瘍の切除を行いました。
数多くの手術を経験しています。
クリニックで手術できないものにつきましては、大学病院や地域の中核病院をご紹介いたします。
現在は主に平日のお昼(午前診療と午後の間)に切除を行っています。
基本、予約制です(感染性粉瘤など緊急時はその場で対応いたします)。

皮膚腫瘍を切除する方へ

② 光線治療

乾癬、白斑、円形脱毛症、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患に保険適応があります。
当院ではナローバンドUVB、エキシマライトを行っています。
特定の紫外線を照射する治療で、レーザーと違い照射時に痛みはありません
定期的な通院が必要な治療ではございますが、当院は駅近で通院しやすいクリニックですので、ご興味のあるかたはご相談ください。

③ イオントフォレーシス

手足の多汗症の患者さん(掌蹠多汗症)に対してイオントフォレーシス療法を導入しました。
水を張った容器に多汗の手足を入れ、微弱な電流を通電することで発汗を抑制する治療です。
この治療法は保険適応です。
およそ5~6回くらいで効果を認めはじめます。
1回の施術は約10~20分程度です。

イオントフォレーシスの説明

その他、いくつか更新事項です。
医療機関専売の製品の取り扱いを始めました。
また、50歳以上の方の帯状疱疹の予防のため、弱毒生水痘ワクチンの取り扱いを開始しました(もう1種類のシングリックス®も今後取り扱いを行う予定です→開始しました)。事前の予約制となります。
さらに、6月には自費治療の「ピーリング」「ピアスの孔開け」を開始する予定です。

今後も当院の取り組みを順次ご紹介したいと思いますので、ブログの方をぜひご覧ください。

関連記事