アクセス
ホーム
サイトマップ
オンライン順番予約

ニキビ

ニキビ治療薬「アダパレン」

ニキビ治療薬の「アダパレン(adapalene)」について解説します。
先発品は「ディフェリン®」という名称です。
医師の処方でしか手にすることができません(医療用医薬品)。

とても素晴らしい塗り薬ですが、いくつかの注意事項を知っておかねばなりません。

コメドを減らす塗り薬

以前の記事で、ニキビは「コメド」からできることを解説しました。

アダパレンは、コメドをできにくくする塗り薬です。
具体的には、毛包の開口部の皮膚を薄くすることで、皮脂の詰まりを生じさせなくします。

継続でニキビ体質を改善!

アダパレンはとても良い薬で、過酸化ベンゾイルと並んでニキビ治療のキードラック(重要な薬)だと思います。
ただし、数日塗ったらおしまいという薬ではありません。
効果が実感できるまでおおよそ2~3カ月かかります。

2~3カ月は長いと思われるかもしれませんが、根気強く治療を続けることで、ニキビができにくい肌を目指すことができます。
もう少し大胆に言い換えれば、ニキビ体質を徐々に改善する塗り薬と言えるかもしれません。
継続してニキビ体質を変えていきましょう!

初期の刺激反応

アダパレンの副反応として、刺激反応がでます。
具体的には淡い赤み、ヒリヒリ感、皮むけ、乾燥などです。
特に初期の1~2カ月は刺激反応が目立って出ます。
次第に刺激反応がでなくなりますので、この時期をしっかり乗り切る必要があります。

副作用対策

保湿する

刺激反応の軽減のため、保湿化粧水を一緒に塗りましょう。

洗い流す

ヒリヒリとした刺激を感じたらお薬を水で洗い流すとよいでしょう。

塗り方

1日1回、洗顔後に塗ります。
目や口唇、粘膜、傷口のまわりには塗らないで、こすらずやさしく塗ります。
1FTUの量を顔全体に塗ることを目指しましょう。

順番は、洗顔、保湿、アダパレン(ディフェリン®)、(処方があれば抗菌薬の外用剤、)日焼け止め、メイクの順が一般的です。

そのほかの注意事項

  • 妊娠している方、妊娠している可能性のある方は使用しないでください。
  • 授乳中は使用しないことが望ましいですが、やむを得ず使用する場合は授乳をしないようにしてください。
  • ディフェリンゲルの使用中は、刺激を感じやすいため日やけ対策をしてください。
  • 室温(1~30℃)で保管しましょう。

関連記事

最近の記事

  1. 乾癬の治療「ソーティクツ錠」

  2. 第4回 医師として生きる

  3. 小児アトピー性皮膚炎の治療「デュピクセント」