検査

アレルギー検査のIgEについて

IgE検査(総IgE値/特異的IgE検査/View 39)について、説明いたします。
これらの検査は採血にて行います。

IgEとは

IgE抗体は、ヒトの免疫グロブリン(いわゆる「抗体」)の一種です。
即時型アレルギー(Ⅰ型アレルギー)に関与しています。
採血によって血液中のIgE抗体の量を測定することができます。

特異的IgE検査と総IgE値

抗体は、それぞれ何の物質に反応するのか異なります。

特異的IgE検査というのは、特定の物質にどの程度反応しているか調べる検査です。
例えば、スギ花粉に反応するIgE抗体がどれくらいあるのか、小麦に反応するIgE抗体がどれくらいあるのかというように、個々の物質に対して反応するIgE抗体の量を測定します。
一般的にアレルギー症状が強い方ほど、その物質に対するIgE抗体を多く持っています。
調べたい物質が検査項目としてあるかどうかは診察時にご相談ください。ご希望の項目がない場合もございます。

一方、総IgE値(非特異的IgE検査ともいいます)というのは、すべてのIgE抗体が血液中にどれくらい存在するか調べる検査です。
血液中の総IgE値は、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、喘息などのアレルギー疾患で上昇します。

View39とは?

View39は、即時型アレルギーの原因になりやすい物質を一通りセットにした特異的IgE検査の一種です。
一度に39項目の原因を調べることができます。
ただし、39項目は固定されているので変更ができません。

View39は、問診で原因がはっきりしない方のスクリーニングに適しています。
その他にも、学童期以降のアトピー性皮膚炎、花粉-食物アレルギー症候群(PFAS: pollen-associated food allergy syndrome)が疑われる患者さんに適した検査法です。

View39の検査項目

  • 吸入系・その他のアレルゲン(19項目)

ヤケヒョウヒダニ、ハウスダスト、ネコ皮屑、イヌ皮屑、ガ、ゴキブリ、スギ、ヒノキ、ハンノキ(属)、シラカンバ(属)、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、ヨモギ、アルテルナリア(ススカビ)、アスペルギルス(コウジカビ)、カンジダ、マラセチア(属)、ラテックス

  • 食物系アレルゲン(20項目)

卵白、オボムコイド、ミルク、小麦、ピーナッツ、大豆、ソバ、ゴマ、米、エビ、カニ、キウイ、リンゴ、バナナ、マグロ、サケ、サバ、牛肉、豚肉、鶏肉

View39の検査結果は約1週間後に分かります。
保険(3割負担)で5000~6000円の検査費用となります(検査費用のみ、診察料など含まない)。
各項目ごとに、値と6段階の評価がなされます。

IgE検査全般に関連した注意事項

採血の特異的IgE検査は、必ずしも症状と一致しません
症状、経過と合わせて総合的に判断する必要があります。

IgE検査のまとめ

ザックリとまとめました。

関連記事