感染症

水痘(みずぼうそう)の患者さんが増えてきています。

水痘(みずぼうそう)」の患者さんが、当院に複数いらしています。
そこで、水痘について注意喚起したいと思います。

水痘とは?

水痘(すいとう)は一般的に「みずぼうそう」と言われる病気です。
水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染することで起こります。
ウイルスが血液を巡って全身に広がり、体中に赤くポツポツとした症状が出ます。
そのポツポツの中に、小さい水疱(水ぶくれ)ができます。
熱は高熱が出ることもあれば、たいして出ないこともあります。

水痘に罹患すると、治癒してもウイルスは神経の奥の方で眠った状態になります(潜伏感染)。
そして、ウイルスに対する抵抗力が低下したとき、水痘・帯状疱疹ウイルスが目覚めて帯状疱疹を起こします(再感染)。

ワクチンで防げる?

平成26年(2014年)10月から水痘ワクチンが定期接種となったので、水痘に罹患する患者さんはガクッと減りました(国立感染症研究所のホームページ参照)。
予防効果は絶大です。
しかし、現在の小学生高学年以上のお子さまは任意接種でしたので、ワクチンを接種していない場合は特に注意が必要です。

それではワクチンを打っていれば安心かというと、水痘ワクチンを2回接種していれば感染率は大幅に低下するものの今後の感染を100%防げるものではありません。
接種して年数が経過している場合にはワクチンの効果が減弱しているために感染してしまうことがあります。
特に水痘が流行せず、周囲の水痘の患者さんと触れ合う機会がなくなると、ブースター効果が得られず水痘に対する免疫が低下します。
しかし、水痘ワクチンを接種していれば発症しても重症化を抑制し、皮疹の数も少なめです。
ときには典型的な症状ではない分かりずらい症状となる場合があります。

水痘にかかったら登校できる?

「学校保健安全法」により、水痘は『全ての発疹が痂皮化するまで』登校できません。
通常は、学校に治癒証明書を提出する必要があります。

水痘(みずぼうそう)が疑われる場合には、事前に受付までご連絡ください。

関連記事