乾癬

【乾癬、読み方:かんせん】

乾癬は免疫の異常により、慢性に皮膚の炎症を繰り返す病気です。
一般的には、皮膚に赤い病変が生じて、その上にガサガサしたフケがつきます。
日本人は欧米人に比べて乾癬の患者さんが少ないのですが、近年は食習慣が変化してきたため患者さんの数が増加傾向にあります。

感染の治療は様々あります。
まずは基本の外用療法(ステロイド外用剤、ビタミンD3外用剤、これらの合剤)があります。
外用療法でコントロールできない場合には内服療法(デュークラバシチニブ、アプレミラスト、エトレチナートなど)紫外線を用いた光線療法(ナローバンドUVB、エキシマ)をおこないます。
また、重症の場合には生物学的製剤を使う場合があります。
薬剤によって適応の条件が異なりますので、ご相談ください。

Q 乾癬は他人にうつりますか?

病名が「かんせん」のためややこしいですが、感染症ではありません。つまり、人にうつることはありません