爪みずむし

【爪白癬、読み方:つめ-はくせん、俗:爪みずむし】

爪白癬は、白癬菌というカビ(真菌)の一種が、爪に入り込んで起きります。
ほとんどは足の爪に生じ、白く濁り、分厚くなります。

治療は内服薬と外用薬があります。内服薬には適さない患者さんもおりますので、ご相談ください。